高橋睦郎の世界/The World of Mutsuo Takahashi

  要旨   本稿は、日本現代詩を代表する詩人高橋睦郎をとりあげ、初期の作品から今日に至るまでの作品について、樹木のモチーフの変化を分析する。父の早世など、過酷な幼児期は、自叙伝的な家庭史と神話を絡ませた円環形式をもつ詩集『姉の島』(1995) に結晶した。だが、2000年以降は、環境破壊、家族崩壊、テロなどの社会問題など、外の世界へと向かっていく。社会的なテーマは、日本の詩歌では歴史が浅いが、逆説的なレトリックによって、高橋睦郎は多義的で抒情的な思想詩を生み出した。東北地方太平洋沖大震災のあった2011年以降の作品は、核エネルギーの問題、情報化時代を背景とした言語の空洞化を主題として新しい展...
Full description

Saved in:
Author:

Kayoko YAMASAKI [VerfasserIn]

Format:

Electronic Article

Language:

English ; Japanese ; Korean ; Chinese

Published:

2015

Subjects:

Mutsuo Takahashi

contemporary Japanese poetry

paradoxical rhetoric

lyrical intellectual poetry

tree motif

Containing Work:

In: Asian Studies - Znanstvena založba Filozofske fakultete Univerze v Ljubljani (Ljubljana University Press, Faculty of Arts), 2013, 3(2015), 1

Containing Work:

volume:3 ; year:2015 ; number:1

Links:

https://doi.org/10.4312/as.2015.3.1.185-199 [Kostenfrei]

https://doaj.org/article/a1a73a801a8145c4a24e54c424a57c9a [Kostenfrei]

https://revije.ff.uni-lj.si/as/article/view/3093 [Kostenfrei]

Journal toc [Kostenfrei]

Journal toc [Kostenfrei]

DOI / URN:

10.4312/as.2015.3.1.185-199

Catalog id:

DOAJ025597493

Haven't found what you're looking for?

Contact us!